2011年05月05日

ビンラディン殺害、いくつかの疑惑は解明・・??



パキスタンの情報機関当局者が4日、
国際テロ組織アルカイダの最高幹部
ウサマ・ビンラディン容疑者が
米軍特殊部隊によって殺害された瞬間
を、同容疑者の娘が目撃したと証言していると
語った・・・・。

パキスタン軍の情報機関、三軍統合情報部(ISI)
の当局者が語ったところによると
邸宅にいた大人3人、子ども9人の
計12人を拘束し、事情聴取をしている・・。

そのうちの、12歳だとされる娘が、
「ウサマが死んだこと。撃たれてどこかに
運ばれていったこと」を証言している・・・。

パキスタンの”潜伏ほう助疑惑”については、
パキスタンは米情報局と2009年から
情報を共有していると語った・・・。

また、この邸宅はアルカイダ幹部容疑者
を追って問題の邸宅を捜索したが
失敗に終わり、その後、この邸宅は
「我々のレーダーから消えていた」と説明・・・。

事実なら、いくつかの疑惑は解明・・・??
posted by ロレンス at 17:18 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RSS取得
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。